Cyber Tactical Database v2 Released

概要

日本への脅威にフォーカスした脅威情報の配信サービスのアップデートをお知らせします。 AD-CTD(Cyber Tactical Database)は弊社独自のサイバー攻撃観測と自動解析を用い、マルウェアの配信元を継続的に監視しており、1時間おきに日本国内からの到達可能性やドメイン・IP情報を更新し配信しております。 JSON形式でのご提供になりますが、既にご要望頂いているMISPフィード対応についても順次進めて参ります。

紹介資料

API仕様、ドキュメント

試用期間について

1ヶ月の試用期間を設けております。お気軽にご連絡ください。

ライセンスについて

本サービスは3つライセンスの形態がございます。

  • 二次配信不可ライセンス(No redistribution License)
    • 価格: 月額35万円(税抜)
    • ご契約組織内及びご契約組織が利用するサービス・プロダクトでのご利用のみを許可
  • 二次配信可能ライセンス(redistribution License)
    • 費用:ご相談
    • 利用・再配信について制限無し
  • コミュニティライセンス(Community License)
    • 費用:なし
    • 本サービスの脅威識別に利用しているOSSのコントリビュータは、本サービスを1年間単位で無償でご利用可能です。

Trial

1ヶ月間、無料でお試し頂けます。APIキーを弊社から発行致します。 タイトルに”CTDテスト利用申込”、本文に下記の情報を沿えて、ctd-info @ activedefense.co.jpお送りください。 - ご連絡先氏名 - ご連絡先メールアドレス - ご所属 - ご希望ライセンス

サービス自体や使い方に関するご質問は、ctd-info @ activedefense.co.jpまでお問い合わせください。